セクマイ出会いはどうするのか?

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報を顧客に売却する探偵の行動が違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。

2000年代中頃にこの法律が制定される前は、探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、不当な行為を働く業者によるトラブルを防止するために策定され、現在に至ります。興信所を利用するにはお金がなければダメかというと、そうでもないです。全国展開している大手などではクレジットカードでの決済に対応しています。利用明細にはそれとわからないような表記を採用している会社も少なくないので、探偵を頼んだことが気付かれる恐れもありません。支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、良い業者の目安ということにもなります。

同一電話番号との連絡を繰り返し、また定期的にその電話番号に掛けていたりしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのは非常に高いと言えます。
そうしたらその電話番号の相手が誰かということを割り出せますね。

しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話での連絡を浮気相手ととったのちには着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。

話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。
厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに性的な関係を持っていることを言います。ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも賠償を請求することが可能です。興信所に調査を依頼し、パートナーの不倫の証拠を握った上、慰謝料請求を送りつけることで現実を見せ、きっぱりと別れさせるといった使い方もあります。配偶者の不倫行為により、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、浮気の証拠が不可欠です。よくあるものとしては、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、二人でラブホテルを利用している写真や動画、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。
近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりなどが不倫行為の裏付けとして認められることが増えました。

自分で浮気調査はすべきではありません。その理由は逆上してしまう場合があるのです。自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと逆上してしまったという例が過去にも多いのです。

スムーズに物事を進めるためにも証拠を掴む可能性を高めるためにも、浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。

調査相手には行動範囲があるわけですから、対象地域に営業所があるかどうかネットで調べてみれば一目瞭然です。そこそこ絞り込みができたら、電話で相談員に話してみることをお勧めします。

現場の人と話をしてみないことには、良さそうな探偵社かどうかなんてわからないです。

電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。

浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っているケースも見られます。高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、必ずしも比例するとは言い切れません。高いお金を払って、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったという結果に終わらないよう、費用の相場を、契約を交わす前に知っておくと良いでしょう。浮気した事実をカーナビで証明できるのです。

こっそりとカーナビにある履歴を見て、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられるのです。見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意しなければいけません。

それに加えて、しばしばもし給油していたら、デートに車が使われている可能性があるかもしれません。

会社規模が大きければ大きいほど最高だとかは言えませんけれども、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと安定した仕事をしてくれるように思います。

会社規模が小さなところでは、満足な調査をせずに完了したと偽り、代金を請求してきたり、別料金を含む料金体系が不明瞭な会社もあるそうです。

また、営業所の相談員の態度なども依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。
ゲイが見るかる出会い系サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする