仕事が終わって朝帰りすると野良猫がウロウロしてる

引っ越しプランは人それぞれながら、中には梱包、運搬全てを業者に任せる向きも多いです。ですがそうして任せてしまうにせよ、業者が大型家具や家電などを運んでいたら、作業を近くで見ておくべきです。引っ越し業者の人が、もしもそんな荷物を取り扱っている間に破損させたり、傷をつけたりしてしまったら、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。ただ、傷が確実に引っ越しによってついたものだと確認しておかないと、すみやかな補償が難しくなるかもしれません。

世間では、一般的に春や秋が引っ越しのシーズンだと言われています。

例えば、大学入学や就職、転勤といった環境の変化が要因だと言えます。

実際に引っ越しするとなると、手間がかかって面倒だという話を聞きますが、様々な手続きが複雑でややこしいことが原因だそうです。

電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、元の土地でも引っ越し先の土地でも行わなければならない手続きが重なっていますから、しっかりとプランを立てて作業するのをお勧めします。

何かをサービスを受けてそれに対してチップを渡す、という習慣はまったく馴染みがありませんが、引っ越しの際には、作業してくれた業者に、料金外のお金を少し包む人はかなり大勢います。

引っ越しという大仕事を、無事に済ませてくれたスタッフさん達に感謝をこめていくらか手渡したり、さらに飲み物や軽い食べ物、お菓子などを準備する人もいます。ご存知の通り、差し入れも心付けも、必要ないものですが、作業スタッフからすると、もらえるとやはり嬉しい、というのが本当のところのようです。
収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活を日々送っている方にとって、その方が引っ越すとき最も大変なのは所有するものの整理と荷造りでしょう。

どんなに周りが協力しても、当日までに荷造りが終わらないかもしれないと思うと引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、引っ越しを一つのきっかけにして断捨離に徹すれば一番楽なのは自分自身です。

荷物を運び出すときに冷蔵庫が準備できていなくて、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。前日までに、冷蔵庫については冷蔵庫内のものを出しておき、その後、スイッチを切ってそのうちに水滴貯めパレットに水が貯まってくるので、全て捨てれば準備完了です。ですから、庫内のものは使い切れるように計画を立て、新たに買うのも控えて、しばらく冷蔵庫を使えない状況に備えましょう。

無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたらそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。

運転はほとんどしないからということで、次の免許更新の時が来るまで別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、自動車運転時の携行義務としてだけはなく、使用する機会が割と多いのが運転免許証です。

例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。

それに、金融機関で口座開設する時も必要になります。因みに、住所変更で免許証が再発行されるわけではなく、裏面に新住所が新たに記載される形です。時間もそうかかりませんし、早めに済ませておいた方が面倒がなさそうです。

忘れていませんか?引っ越しの際に準備しなくてはならないことの一つがネット回線を使えるように手続き、場合によっては工事をしておくことです。忘れている方も多いようで、荷物も人も移転しているのに、ネット関連の手続きを見落としていたことにはじめて気づく、という話は時々聞きます。

三月から四月の引っ越しが多い時期には数週間待たないと工事ができないということもありますので、引っ越しの日程が決まり次第、プロバイダーへの問い合わせは抜けのないよう、早めに終わらせましょう。
アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、退去時の立会いという部屋のチェックが必ずあります。部屋を管理する立場の人が部屋に入り、破損などがないか細かくチェックします。無事にこれが済みましたら晴れて退去、となるのです。
それからこれは、物件ごとに少しの違いはあるようですが、水道ガス電気など、公共料金の支払いはすっかり終わらせているべきですし、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。

いよいよ年金生活というと、日常生活そのものが一変します。
これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。
今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、生活パターンが大きく変われば、合わない点が徐々に現れるかもしれません。

これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合は家賃を払い続けられるかが問題になってきます。

よりよい環境を求めて引っ越すのも良いのではないでしょうか。引っ越しも、単身世帯だとベッドを置くべきかどうか考えることがあります。
特にワンルームに引っ越す場合はベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも新居の入り口からベッドを入れられないなどのハプニングも起こるようです。

そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることを決断するのもいいかもしれません。
野良猫被害に困ってる人必見!対策グッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする