復縁の悩みが電話売らないで相談している事が多い

興信所を利用するにはお金がなければダメかというと、最近は結構多様化してきていて、全国展開している大手などではクレジットカードでの支払いに対応しています。

利用明細にはそれとわからないような表記を採用しているところも多く、履歴から興信所や探偵を利用したことが分かることはありません。クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、それだけ信頼性も高いということです。
もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、誰だって頭の中が混乱するものです。

ただ、気持ちが鎮まったら、これからどう対処していくか考えなければいけません。浮気はどう言い訳しようと、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、気持ちの上では埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)を請求するのは、配偶者として当然の権利です。一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。当然ですが、調査員が1人であれば安く、多くなるほど高くなります。

また、尾行の時に車とかバイクで行う場合、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認したほうが良いでしょう。

探偵が何もミスをしなくても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーに気づかれてしまって、浮気相手と会うのを控えたりして、失敗に終わる場合もあります。たとえ探偵が浮気調査をしても、100%成功することはあり得ないのです。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、依頼をする時にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。相手が誰かだけでも知りたくて、チェックしてみましたが、なんと、ロックしてあって、手も足も出ませんでした。
私が怒れば黙ってしまうに決まっていますから、最終的には興信所を頼むべきだと考えたのですが、専業主婦が払える金額なんてたかが知れていますし、いまだに踏ん切りがつきません。浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均では一週間以内です。

確認しておきますが、これはあくまでも一般的な期間です。パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあることも覚悟してください。一方で、浮気するだろうという日が調査の前に分かっていれば、調査期間は1日で済むこともあります。たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠が掴めます。浮気相手への連絡手段として携帯を使われるのが当然だからです。

近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする機会も増えましたが、好意を持つ相手の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。

ですから電話をする可能性ももちろん考えられます。
結婚している相方が、浮気しているときでも別れたくなければ密会の場面に行こうとするのはやらないほうが無難です。浮気の事実を突き止められると配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、別れなければいけなくなってしまうことがあるでしょう。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、大きなストレスになってしまうのです。不倫相手の奥さんが内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくる可能性はあります。
気になるのがその金額ですが、相手側の離婚の有無で変わってくるものです。仮に離婚せずに高額すぎる慰謝料請求があった場合、すぐ返事をせず、弁護士に相談するべきです。

困ったことにダンナの浮気は、まるで病気みたいです。

まさかこんなに出てくるとは。
入籍する前から浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、浮気性って言うじゃないですか。それにしてもどうして直らないんでしょう。

一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす意味がわからなくなったので、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。
電話占いヴェルニ無料お試し体験を利用した口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする